試験サービス

JIS等の規格試験だけでなく治具の製作や規格外の
製品評価にも積極的に対応します。

材料試験

圧縮強度試験の受託サービス

材料・製品の機械的性質(強度)の評価を圧縮試験にてご対応します。

概要

本サービスでは、金属・樹脂・セラミックスなどの材料や鋳造品・樹脂成型品などの製品・部品について、「機械的性質」の一種である「強度」を圧縮試験により評価します。評価項目は、圧縮強さ・歪み・弾性率・降伏点などの圧縮試験で実施可能なデータになります。
JISなど規格に準拠した試験のご対応はもちろん、規格外の試験方法・試験片形状であっても、その内容に応じた治具作製や試験片加工を行うことにより柔軟なご対応が可能です。

特徴

多種多様な材質・形状のサンプルの試験にご対応

金属・プラスチック・ゴム・セラミック・FRPなど様々な材質に対応しております。また、試験体の形状は規格で規定された試験片だけでなく、製品・部品形状のままでも試験を行うことが可能です。

低温から高温まで幅広い温度領域の試験に対応

恒温槽と大気炉を組み合わせることで、常温のみならず低温から高温まで(-150℃~1100℃)の温度環境下での試験のご対応が可能です。
●高温用大気炉
300℃~1100℃
●高温・低温用恒温槽
-150℃~320℃

様々な試験項目をアウトプット

歪みの測定は機械(チャック間)ストロークの他に歪みゲージやビデオ伸び計を使用することがきますので、圧縮強さ・歪み・弾性率・降伏点などの様々な試験項目のアウトプットが可能です。

幅広い試験力に対応

最大荷重は300kN(約30t)まで、ロードセルは10N~300kN(値は1/1000単位で表示)を取り揃えておりますので、低荷重から高荷重まで幅広い試験の実施が可能です。

規格外試験にも柔軟に対応

試験片の形状・サイズや試験の方法・条件が規格外であっても、治具の設計・製作や試験片の加工などにより、試験実施に向けた柔軟なご対応をさせていただきます。

設備紹介

用途

規格試験

下記の規格に準拠した圧縮試験の実施が可能です。

<JIS規格 例>
JIS K 7181 :プラスチック 圧縮特性の試験方法
JIS K 7139 :プラスチック 試験片
JIS K 7056 :ガラス繊維強化プラスチックの圧縮試験方法(※旧規格)
JIS R 1608 :ファインセラミックスの圧縮強さ試験方法
(※一部、評価内容によってはご対応できない場合もございます。)

規格外試験

・アルミダイカスト製品や樹脂成型品を製品形状のまま圧縮強度試験を実施。
・プラスチック製品をある一定の厚みまで圧縮するのに必要な力の測定。
・セラミックや繊維強化プラスチックの円筒形状の製品を圧縮した際に、どれぐらいの力で凹むもしくは割れるのかの測定。
・金属部品を圧入する際に必要な力の測定。

報告書例

  • 試験概要

  • 試験方法・条件

  • 試験結果

PDFダウンロード

Q&A

試験片の作製からお願いできますか?
ご対応可能です。材料もしくは製品・部品をご支給いただければ、成型・加工により試験片を作製いたします。
試験品を固定する治具や圧縮する治具の作製はお願いできますか?
ご対応可能です。治具の構想から設計・作製まで実施いたします。
試験機に合った治具を支給していただければ、そちらを使用して試験を行うことも可能です。
恒温槽の大きさ・温度範囲はどのくらいですか?
【島津製作所製】幅382mm×奥行382mm×高さ725mm / -150℃~320℃
【インストロン社製】幅400mm×奥行400mm×高さ560mm / -150℃~600℃
(※低温側の冷却には液体窒素を使用します。)
大気炉の大きさ・温度範囲はどのくらいですか?
【島津製作所製】内径φ75mm×長さ400mm / 300℃~1100℃
【インストロン社製】内径φ90mm×長さ303mm / ~1000℃
どのような試験項目のアウトプットが可能ですか?
アウトプット可能な項目は、圧縮強さ・歪み・弾性率・降伏点・応力-歪み線図(S-S線図)等です。その他、ご対応可能な項目もありますので、まずはお問い合わせ下さい。
試験データをエクセル等の生データでいただけますか?
ご対応可能です。その他、データの提出方法につきましてご要望がございましたらお伝え下さい。

このページに関するお問い合わせ・お見積り

お問合わせ

PAGE TOP