試験サービス

JIS等の規格試験だけでなく治具の製作や規格外の
製品評価にも積極的に対応します。

環境試験

耐候性試験の受託サービス

保進耐候性試験及び試験後の色差・光沢度・曇り度測定を実施します。

概要

本サービスでは、太陽光(紫外線)が製品・部品に与える劣化影響を評価する耐候性試験を実施致します。耐候性とは自然環境のうち、主として日光・雨雪・温度・湿度・オゾンによる劣化に対する抵抗性のことであり、これを評価するためには屋外暴露試験もしくは人工光源を用いた促進耐候性試験を行う必要があります。
JTLの耐候性試験サービスは、キセノン光源で人工的に屋内外の太陽光条件を再現し、自然環境下より早く劣化を促進することができます。塗料(JIS K 5600-7-7)・建材(JIS A 1415)・プラスチック(JIS K 7350-2)・メッキ・印刷物・繊維などの試験が可能で、JIS・ISO・JASOなど様々な規格に対応しております。

特徴

太陽光に近似した試験にご対応

キセノンランプは太陽光に近似した分光放射照度分布を持っており、太陽光暴露をより正確に再現した試験を行うことが可能です。

高い放射照度での試験にご対応

紫外部放射照度が太陽光の約3倍(180W/m²)の高照度試験にも対応しており、より促進性の高い評価を行うことが可能です。

試験前後の色・光沢・曇り度の評価もご対応

試験前後の試験体の評価として、色差計・光沢計・ヘーズメーターにより色と光沢と曇り度の評価を行うことが可能です。

設備紹介

用途

プラスチック製品の太陽光による劣化の調査

自動車の塗装部分の太陽光による光沢の変化の調査

印刷物の太陽光による変色の調査

報告書例

  • 表紙

  • 試験条件

  • 試験結果1

  • 試験結果2

PDFダウンロード

Q&A

試験片はどれぐらいのサイズのものまで試験機に搭載できますか?
試験片サイズは150×70×1mmが基本です。キセノンランプとの距離が変わらなかったり、重量物でなければ試験機に搭載可能な場合もありますので、まずはご相談下さい。
試料の回転速度はどこまで速くできますか?
最高12rpmまで可能です。
試験後の劣化の評価はどのようなことができますか?
測色(色差)計による色合いの評価、光沢計により光沢の評価、ヘーズメーターにより曇り度の評価が可能です。
1年間の屋外暴露試験に相当する試験をキセノンウェザーメーターで行うには、どれぐらいの時間がかかりますか?
日本の太陽光の平均1年間放射露光量を4,500MJ/m²と仮定しますと、スーパーキセノン180W/m²(300~400nm)で試験した場合、472時間が1年間相当の試験時間となります。キセノン60W/m²(300~400nm)ですと1,417時間になります。
(※ただし、この時間は紫外線(300~400nm)の波長域だけを考慮したエネルギーのみによる比較です。実際には屋外暴露試験では光以外の劣化要因(雨・温度・湿度・結露・ガス等)の影響があり、屋外暴露試験と促進耐候性試験の関係が実証されている照合材料を用いることが有効になります。)

このページに関するお問い合わせ・お見積り

お問合わせ

PAGE TOP