分析サービス

カーエレクトロニクスやライフサイエンスの分析・解析で
研究開発をサポートします。

分析サービス

組成分析の受託サービス

分析目的に合わせた適切な手法で、試料中の不純物分析、同定解析を実施いたします。

組成分析サービスでは、製品を構成する成分や製品の材料・素材中に含まれている成分を分析し、把握することが可能です。
さらに、得られた結果を利用することで、成分の把握だけでなく異物や不純物の評価といった製品の品質に対する評価を行うことも可能になります。
弊社では、ICPおよびICよる無機物とハロゲン(F⁻、Cl⁻、Br⁻、I⁻)の測定、FT-IRおよびGC-MSによる有機物の同定解析といった分析を用いて、これらの評価をいたします。的確な分析を行うために重要な前処理を含めて、ワンストップでのご対応が可能です。

不純物分析

不純物分析サービスでは、ICPを用いて不純物として試料に含まれる無機物を測定します。
不純物としての評価は製品や材料に対してだけでなく、作業工程上で使用される洗浄液なども対象とすることができます。
洗浄を行うことである元素が増加していく様子をモニターし、その結果から工程管理を行うことも可能です。

もっと詳しく

同定解析

同定解析サービスでは、FT-IRおよびGC-MSを利用して化合物の同定を行います。
FT-IRではフーリエ変換赤外分光法により得られた化合物分子の赤外吸収スペクトル、GC-MSでは電子イオン化法より得られたフラグメントのマススペクトルをもとに解析を行います。
同定解析結果は、異物・付着物や製品の材質、成分の特定に利用することが可能です。

もっと詳しく

ハロゲン分析

ハロゲン分析サービスでは、F⁻、Cl⁻、Br⁻、I⁻のハロゲン4項目をICまたはICPを用いて分析いたします。
ハロゲンは腐食に影響するため、不具合の原因となることがあります。また、樹脂製品のハロゲンフリー化が進んでいることからもハロゲンを含まない製品の証明としてハロゲン分析が利用されます。

もっと詳しく

同位体分析

原子には質量数が異なる同位体が存在します。同位体分析サービスでは、ICP-MS(ICP質量分析装置)が質量数をもとに測定を行うことを利用し、各元素について同位体の測定を行います。その測定結果をもとに同位体比をもとめ、評価することが可能です。

もっと詳しく

お問合わせ

PAGE TOP