分析サービス

カーエレクトロニクスやライフサイエンスの分析・解析で
研究開発をサポートします。

表面分析

コンタミ分析の受託サービス

製品に付着している異物の量・大きさ・成分を分析致します。

概要

自動車・航空・医療などの先端技術製品の異物(汚染・コンタミネーション)管理の要求は高まっており、製造プロセスから混入する異物は品質と信頼性に深刻な影響を及ぼすことがあります。
JTLでは製品に付着している異物を捕集し、異物の量・大きさ・成分の分析を致します。また、ISO16232やVDA19に準拠したレポートや、お客様のニーズにあわせた結果出力も対応することができます。

特徴

異物の抽出

製品に付着している異物を抽出します。抽出方法は製品の材質、大きさ、形状や検査を必要とする部位により決定します。

異物の捕集

減圧濾過器を用いて異物をフィルタに捕集します。使用するフィルタは分析を必要とする異物の量やサイズにより決定します。

異物の分析(量・大きさ・成分)

フィルタに捕集した異物を分析します。分析目的(量・大きさ・成分)により手法を決定します。

設備紹介

用途

重量法

フィルタに異物を捕集し、乾燥させ捕集前後の重量差から異物量を定量します。
大量の異物(約1mg以上)に対して有効な分析方法です。

CCDを用いた異物の全量計数法

フィルタに捕集した異物に対しCCDで全領域を走査し計数、測長を行います。

SEM-EDXを用いた全量計数法

フィルタに捕集した異物に対しSEMで全領域を走査し計数、測長します。極めて微量な無機系の異物に対し有効な手法です。EDX分析を実施することで異物の成分も分析ができます。

格子ろ紙を用いた部分計数法

異物を格子ろ紙に捕集後、一定格子数の内の異物を計数し、格子の数でかけ戻して定量化します。

SEM-EDXを用いた部分計数法

異物をフィルタに捕集後、SEMで一定視野内に存在する異物を計数し、有効ろ過面積でかけ戻して定量化します。無機異物に対して有効な手法で、EDX分析を実施することで異物の成分も分析できます。

報告書例

  • 表紙

  • 目的・概要

  • 結果

PDFダウンロード

Q&A

どれくらい小さな異物からカウントできますか?
5μmからカウントできます。(画像分解能1μm、5画素基準)
材質判定はできますか?
金属(反射性)、非金属(非反射性)、繊維の分類(特徴付)は可能ですが、 成分分析は別途、無機物であればEDX分析、有機物であればFT-IR分析、ラマン分析が必要です。

このページに関するお問い合わせ・お見積り

お問合わせ

PAGE TOP