計測サービス

製品の精密寸法測定に関わるあらゆるニーズに
受託専門ならではの幅広い知識・設備力で対応します。

精密寸法測定

二次元CAD照合の受託サービス

測定物の輪郭形状を二次元設計データと照合して視覚的に評価します。

概要

三次元測定機や画像測定機、光学式3Dデジタイザなどから取得した測定値データと、対象形状の二次元設計データ(点群データ・CADデータ等)とを照合評価し、各種フォーマットにて結果をアウトプット致します。
測定値だけでは困難な製品の輪郭評価、部品の形状評価などをグラフィカルに確認することが可能です。

特徴

データの変換対応

設計データ入力はDXFデータの他、点群データからのDXF変換や図面寸法からのCAD描画等にも対応しております。また、三次元寸法測定のプローブ半径補正時に必要となる法線方向も自動で設定することが可能です。

二次元の各種照合ソフトに対応

二次元の各種照合ソフトに対応しておりますので、ご希望のアウトプット形式にてデータを提出することが可能です。

位置ズレを補正

座標系・基準要素の誤差等による位相ズレを補正するベストフィットにも対応しており、平行移動・回転補正に対して制限を設けることも可能です。

非接触測定機での対応も可

接触式プローブで測定が困難な製品の場合は、画像測定機や光学式3Dデジタイザによる非接触測定にてご対応致します。

設備紹介

用途

ギヤ形状評価(※三次元スキャニング測定+FORMPAK)

製品輪郭評価(※Calypso 二次元カーブ)

円形状評価(※三次元測定+EXCEL)

画像測定機による非接触スキャニング測定(※VMR-6555+FORMPAK)

三次元スキャニング後に任意断面の偏差を評価(※ATOS)

報告書例

  • 表紙

  • 測定詳細

  • 形状評価

PDFダウンロード

Q&A

三次元測定機のスキャニング(倣い)測定での照合評価は可能ですか?
可能です。ただし、測定深さ(進入深さ)とプローブ径に制限が出てきますので、詳細はお問い合せ下さい。
どんな材質・形状でも輪郭形状評価は可能ですか?
柔らかい材質の場合、接触式(三次元測定機)での測定では測定品が歪むため対応できません。ただし、サイズにもよりますが画像測定機や光学式3Dデジタイザによる非接触測定にて評価することも可能です。
画像測定機による輪郭形状測定(スキャニング測定)とは?
画像での測定となり、コントラスト差を自動認識し、輪郭部をスキャニングして測定を行います。よって、輪郭部にバリやホコリ等がある場合、正確なデータを取ることはできません。
設計値データがない場合は?
DXFデータや点群データがない場合には、図面寸法値からCAD作図を行います。それも困難な場合は、未知形状での形状評価となります。
ベストフィットとは?
形状の出来栄えのみを評価する場合、つまり位置ズレを考慮せずに形状評価を行う場合に、平行移動や回転移動を行い、設計値に対して位置ズレ誤差を最小にする処理です。

このページに関するお問い合わせ・お見積り

お問合わせ

PAGE TOP