分析サービス

カーエレクトロニクスやライフサイエンスの分析・解析で
研究開発をサポートします。

分析サービス

構造解析装置による受託サービス

構造解析装置による各種材料の結晶構造の解析を実施します。

結晶方位測定装置(SEM-EBSD)、ラマン分光分析装置(Raman)、X線回折装置(XRD)により、各種材料の分子構造や結晶構造の解析にご対応致します。
材料の開発や破損原因の調査などにご利用頂けます。

結晶方位測定装置(SEM-EBSD)

結晶方位測定装置(SEM-EBSD)を用いて、各種材料の結晶組織解析を実施致します。
材料の性質を知るには、材料の個々の結晶粒の方位を知り、それらがどのように配向しているのか明らかにする必要があります。特に結晶性の材料においては、結晶方位の配向性や粒径、粒の形状などの組織構造がその性質を決定づける場合が多くあるため、製品を開発する上では非常に重要なパラメーターになります。
EBSD法は個々の結晶粒の方位を知ることが可能である為、1993年に材料の組織観察手法として確立されて以来急速に発達し、材料組織の定量的解析には不可欠な手段として認識されています。

もっと詳しく

ラマン分光分析装置(Raman)

レーザー光を使用するラマン分光装置(Raman)は、赤外線を使用するFT-IRでは測定できない小さな異物や、無機化合物の同定が行える装置です。
空間分解が高い事より、化合物の結晶性、樹脂材料の応力評価、炭素材料の結晶評価などに用いられてます。

もっと詳しく

お問合わせ

PAGE TOP