計測領域

製品の精密寸法測定に関わるあらゆるニーズに受託専門ならではの幅広い知識・設備力で対応します。

出張測定サービス

光学式3Dデジタイザ(ATOS)

場所を選ぶことなく、小型から大型まで様々なサイズの測定対象物の3Dスキャニングが可能です。

概要

光学式3DデジタイザATOS(エイトス)では、測定対象物に触れることなく、表面形状をポリゴンメッシュとして精密に表現し3Dデータ化します。得られた3Dデータを用い、デザインから製品開発、寸法検査を行うことが可能です。
測定範囲・スキャン時の点間ピッチ・精度が異なる様々なレンズを取りそろえていますので、測定対象物のサイズによって最適な測定を提供します。また、写真測量システムTRITOP(トライトップ)も保有しているため、さらに大型の製品・部品を測定することも可能です。

原理

本体はステレオカメラとプロジェクタ(青色LED)で構成され、プロジェクタから照射されるフリンジパターンを三角測量によって対象物を3Dの点群としてデータ化します。サンプル自体や、測定台にはリファレンスシールと呼ばれる座標点を記録するシールを貼り、サンプルをあらゆる角度からスキャンして形状データを高精度に連結するために使用されます。スキャン完了後は、点群→ポリゴン化を行い測定や、3Dモデリングに使用します。

特徴

持ち運びが容易

ポータブル三次元測定機(多関節型三次元測定機)同様に持ち運びが容易なため、場所を選ぶことなく測定をすることが可能です。

柔軟な測定レンジ

レンズによって精度・測定範囲を選択できるため、大きなものから小さなものまで適切な品質でのスキャンが可能です。

大型測定対象物も対応可能

TRITOPをATOSと併用することで、測定対象物が10mを超えるような大型の測定対象物も同一ソフト内で処理をするため、高精度に測定することが可能です。

出張測定による評価

お客様現地まで測定機を持込み、寸法測定や比較照合評価を行う出張測定も対応可能です。サンプルが移動できない場合や、機密のため持ち出せない、すぐ測りたいなどの状況でも対応できます。

技術事例

CAD照合

3DCADモデルや、製品同士の形状を比較し形状差をカラーマップで表示します。

バーチャルアセンブリ解析

仮想で3Dデータ同士を位置合わせし、クリアランスの測定を行えます。

フラッシュ・ギャップ検査

車のボディーにおけるドアの建付けの良し悪しを3Dで評価します。

プリニティブ検査

平面や円筒などの幾何形状における凹凸を可視化します。

表面欠陥マップ

微小な傷やヒケなどを可視化します。

寸法計測

各種寸法測定、幾何公差の測定を行うことができます。

変位解析

モノが動く(変位する)前後でどちらにどれだけ動いたかを定量化できます。

肉厚解析

サンプルの肉厚をカラーマップで表示し全体を把握できます。

3Dモデル化

スキャンデータから一般的なCADソフトで活用できる形式のモデルを作成することができます。

設備ラインナップ

  • GOM製

    ATOSⅢ Triple Scan

    レンズ名:MV700
    ●1shot測定範囲:横700×縦530×奥520mm
    ●精度:28μm

    レンズ名:MV560
    ●1shot測定範囲:横560×縦420×奥420mm
    ●精度:24μm

    レンズ名:MV320
    ●1shot測定範囲:横320×縦240×奥240mm
    ●精度:16μm

    レンズ名:MV170
    ●1shot測定範囲:横170×縦130×奥130mm
    ●精度:11μm

    レンズ名:MV100
    ●1shot測定範囲:横100×縦75×奥70mm
    ●精度:5μm

    ●所有事業所:名古屋
    ●所有台数:2台

  • GOM製

    TRITOP

    ●精度:0.04mm(2m立方体内)
    ●所有事業所:名古屋

Q&A

Q.材質・形状などに制限はありますか?

A.表面性状(光沢,透明)によっては光沢防止剤のスプレーを噴射する必要があります。形状に関しては入り組んだ複雑な形状において撮りきれない箇所がでる場合があります。詳しくはお問合せ下さい。

Q.光沢防止剤のスプレーは必須ですか?

A.光沢が無い場合でも、スキャンのスピードが向上することや得られるメッシュ品質が向上することからスプレーの塗布をご提案させて頂く場合があります。時間経過で空気中に昇華するスプレーも持ち合わせていますので詳しくはお問合せください。

Q.製品に表・裏がある場合、どのように測定するのですか?

A.参照点と呼ばれる円形のシールを測定対象物に貼り付けることにより、表と裏の形状を合わせ込むことが可能です。 また、測定形状ごとのベストフィットも可能です。

Q.出張測定時に準備しておくものはありますか?

A.取得したオブジェクトから任意の断面情報を抽出することで、2Dの寸法測定やCADとの輪郭比較が可能です。 また、円筒度・位置度等の幾何公差の測定にも対応しています。

Q.スキャンして得られるデータは何ですか?

A.三角メッシュのポリゴンデータです。STLフォーマットのデータになります。

Q.iges等のCADデータで出力できますか?

A.スキャンのみではできかねます。スキャンで得られたSTLデータから別途モデリング(リバースエンジニアリング)を行い、CADモデルを作成するサービスがありますので、合わせてお問い合わせください。

Q.納期はどの程度ですか?

A.サンプル数や形状によって変動しますが、概ね3~5営業日です。混み合う場合がありますのでお早めにお問い合わせください。また精密な寸法を測定される場合、サンプルの熱膨張を考慮してお預かりしてから測定室温に慣らす必要がありますので、測定はサンプル着の翌日以降が最短着手日になります。

評価業務にお困り事はございませんか?

JTLはお客様の頼れるパートナーとして、
シチュエーションに応じた迅速丁寧な対応を心がけております。
どんな些細なことでも構いませんので、
まずは下記のメールフォームよりお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら