分析サービス

カーエレクトロニクスやライフサイエンスの分析・解析で
研究開発をサポートします。

分析サービス

化学分析の受託サービス

金属元素分析やアウトガスの分析、生体試料中の薬物濃度測定などに対応します。

化学分析サービスでは、HPLC・GC・ICP・FT-IRなどによる対象成分・元素・イオンの各種分析を行います。
様々な分析機器を多数保有し、専門オペレータが、お客様の分析試験業務をサポートいたします。
材質確認、原因調査、有害物質調査、薬物濃度測定など、公定法から検討が必要な分析までご要望に合わせた柔軟な技術サービスで、研究開発に貢献したいと考えております。

組成分析

組成分析サービスでは、製品を構成する成分や製品の材料・素材中に含まれている成分を分析し、把握することが可能です。
さらに、得られた結果を利用することで、成分の把握だけでなく異物や不純物の評価といった製品の品質に対する評価を行うことも可能になります。
弊社では、ICPおよびICよる無機物とハロゲン(F⁻、Cl⁻、Br⁻、I⁻)の測定、FT-IRおよびGC-MSによる有機物の同定解析といった分析を用いて、これらの評価をいたします。的確な分析を行うために重要な前処理を含めて、ワンストップでのご対応が可能です。
もっと詳しく

バイオ関連試験

医薬品、医療機器、化粧品、食品素材などの分野において、細胞試験をはじめとしたin vitro試験はスクリーニング、メカニズム解明など有用な手段となります。
細胞試験では基礎研究レベルから製品評価、定番からオーダーメイド試験まで幅広く実施します。
生化学試験では機能性を主軸とした各種評価を実施します。
品質試験ではエンドトキシン、マイコプラズマ試験に対応致します。
試験メニューにない各種項目につきましてもご相談から対応致します。
もっと詳しく

ガス分析

ガスは大きく分けて無機ガス、有機ガスの2種類に分類されます。また、既に気体として存在しているものだけでなく、製品を加熱した際に発生するガス(アウトガス)も分析対象に含みます。特にアウトガスは製品の不具合を引き起こす可能性があります。また、VOCは揮発性有機化合物の略称であり、浮遊粒子状物質や光化学オキシダントの原因のひとつです。これらは大気汚染をもたらすと共に人の健康への影響が懸念される物質であるため、排出規制や自主的取り組みによる規制が進められています。
ガス分析サービスでは、GC-MS、GC-TCD、GC-BIDを使用し、これらの各種ガス成分について前処理を含めた評価を実施しております。
もっと詳しく

生体試料分析

生体試料分析(バイオアナリシス)では、医薬品をはじめとする研究開発、臨床研究、非臨床研究など広範囲において生体試料中の種々の物質を分析することが必要となります。
お客様のご要望に応じて微量元素、低分子、高分子まで各種分析機器を使用して対応致します。
実績がない項目については分析法開発から対応し、分析法バリデーション、ご指定の分析法での幅広く対応致します。
非臨床試験、臨床試験(弊社協力機関での実施)からサポート致します。
もっと詳しく

化合物分析

有機化合物と分類される化合物は多数存在し、様々な製品の素材となっています。例えば、工業材料の樹脂製品や製造工程で使用される潤滑油、食品や医薬品の原料など、多くの成分が有機化合物と言えます。
化合物分析サービスでは、大きく分けて2種類の方法で化合物の評価を実施いたします。材質や含有成分の特定を行いたい場合はGC-MSやFT-IRを用いた定性分析、含有量を測定したい場合はHPLCやLC-MS、GC-MSを用いた定量分析を行います。その他、目的に応じた分析方法をご提案いたします。
もっと詳しく

イオン分析

イオンには陽イオン(カチオン)と陰イオン(アニオン)が存在します。主に、陽イオンは金属イオンとアンモノニウムイオン、陰イオンはハロゲン(F⁻、Cl⁻、Br⁻、I⁻)を含みます。これらのイオンの把握は清浄度測定といった洗浄工程の効果確認として使用されるほか、腐食に関わる塩素イオン(Cl⁻)から不具合原因の特定など、様々な用途で使用されます。
イオン分析サービスでは、ICP-MSによる陽イオンの測定とICによる陰イオンの測定により、これらの評価をいたします。
もっと詳しく

ICP分析

ICP分析サービスでは、ICP質量分析装置(ICP-MS)とICP発光分析装置(ICP-AES)で、高感度な微量元素分析を行います。
複雑なマトリクスのサンプルの全成分元素や極微量の不純物の確認、有害元素の分析など様々な用途でご利用いただけます。

もっと詳しく

液体クロマトグラフ分析

液体クロマトグラフ(HPLC)は、移動相に液体を用いて、固定相のカラムを通過させて、相互作用( 吸着、分配、イオン交換など)の差より、高性能に分離・検出し分析します。
液体クロマトグラフは、製品開発、品質管理で使用されている分析装置で、微量成分を正確に分離することができ、定量分析が可能です。
各種検出器を保有しており、化合物の特性に応じた分析を実施します。

もっと詳しく

ガスクロマトグラフ分析

ガスクロマトグラフ(GC)は、移動相に気体を用いて、固定相のキャピラリーカラムに通過させて、物質の相互作用により分離・検出し、定性および定量分析します。
加熱発生ガスの定量や揮発性有機化合物の分析、無機ガスの分析などに対応いたします。

もっと詳しく

FT-IR分析

フーリエ変換赤外分光光度計(FT-IR)による、化合物の化学構造の解析および同定解析を実施しております。
透過法、反射法、ATR法など、試料の形状や目的によって最適な分析法で分析いたします。固体・液体試料の測定ができ、また微小領域の測定も可能です。

もっと詳しく

お問合わせ

PAGE TOP