分析サービス

カーエレクトロニクスやライフサイエンスの分析・解析で
研究開発をサポートします。

表面分析

腐食分析の受託サービス

金属の錆分析や樹脂やゴムの劣化分析により、お客様の問題解決をサポートします。

概要

腐食とは材料が周囲の環境との間に化学反応を起こし、変質、消耗、破壊されて本来の機能を失う現象です。
JTLでは、所有する機器分析装置を組み合わせることで、様々な金属の錆分析や樹脂やゴムの劣化分析を実施します。

特徴

金属腐食分析

金属錆発生の必要条件は水と酸素です。
またハロゲンや硫化物は表面酸化膜を破壊し錆を促進させる因子です。
SEM-EDX、ED-XRF、EPMAによりこれらの錆に由来する元素を表面や断面から分析することができます。

錆の同定分析

鉄錆(酸化鉄)には主に赤錆(Fe2O3)と黒錆(Fe3O4)があります。
黒錆は鉄の表面にできる酸化膜で、赤錆の発生を抑えるため意図的に膜をつくります。
赤錆は鉄そのものを腐食させます。両者の違いはEDX分析からは判断できませんが、XRD分析ではこれらを見分けることができます。

樹脂・ゴムの添加剤成分分析

樹脂やゴムは熱や光などで添加剤成分が変化し、劣化が進行、特性が失われます。
SEM-EDX、ED-XRF、FT-IRなどで新品と劣化品の添加剤成分を比較分析ができます。

錆の原因調査、予防、防止

鉄鋼・非鉄部材で錆が発生した場合、製造工程で使用する水、洗浄液、切削油に含まれるClやSが原因となることがあります。
このような分析にはICが活用できます。

設備紹介

用途

錆の断面分析

【カットサンプル→SEM-EDX、FE-EPMA】

樹脂の酸化劣化分析

【ED-XRF、FT-IR】

赤錆、黒錆の化合物同定

【SEM-EDX→XRD】

洗浄液中の塩化物イオン分析

【IC】

報告書例

  • 表紙

  • 方法・条件

  • マッピング条件

  • マッピング結果

PDFダウンロード

Q&A

錆の種類にはどのようなものがありますか?
赤錆・・・一般的な鉄の酸化物の錆です。
赤茶色の非常にもろい錆で腐食の進行が早く深刻な損傷につながる危険な錆です。

黒錆・・・黒い錆で四酸化鉄と呼ばれ、赤錆と同様鉄の酸化物ですが、密着性がよく安定しており、保護膜の役割をします。
美観上の問題から除去されることがあります。

青錆・・・青がかった緑をしている銅の酸化物で緑青(ろくしょう)と呼ばれます。
黒錆と同様保護膜となって腐食の進行を遅らせます。

白錆・・・亜鉛めっき表面に生成される亜鉛酸化物で、それほど腐食が進行していなくても多量に付着し、機能や美観を損なうことがあります。
錆の構成元素から何がわかるのですか?
鉄が60~70%、残りが酸素や吸着水で構成されていれば一般的な錆ですが、塩素や硫黄が含まれる場合は対象周囲の環境に存在する塩分や硫黄化合物が影響することにより、錆が生成したことがわかります。

このページに関するお問い合わせ・お見積り

お問合わせ

PAGE TOP