分析サービス

カーエレクトロニクスやライフサイエンスの分析・解析で
研究開発をサポートします。

分析サービス

化学分析装置による受託サービス

分離分析・質量分析などの分析機器を使用して、対象物質を分析します。

化学的な手法を用いて、成分や組成、構造を調査致します。様々な分野において研究や開発、製品の構造、形態、組織の関係を化学分析で明らかにすることが必要不可欠です。
本サービスでは、お客様のニーズに合わせた化学分析を多様な設備の中からご提案致します。

分離分析装置

分離分析(クロマトグラフィー)とは、液体や気体を移動相として、測定物質と固定相のカラムとの相互作用によって分離し検出する分析方法です。
液体クロマトグラフ(HPLC)やガスクロマトグラフ(GC)は一般的な分離分析装置で、製品開発や品質管理などで幅広く使用されています。
これらの装置を使用して、対象となる試料中に含まれる成分を分離し、成分の定性・定量分析を行います。
もっと詳しく

質量分析計

質量分析は、イオン化して質量分離させて検出部で質量数を測定し、物質の定性・定量を行う分析方法です。
液体クロマトグラフ(HPLC)やガスクロマトグラフ(GC)などに、質量分析計を結合させた装置です。
物質をイオン化してその質量を分析する質量分析は、分子構造、分子量、存在量などを高感度に測定することができ、広く用いられている分析方法です。
有機化合物を対象にした質量分析で、高選択性と高感度の定性・定量分析を実施しております。
もっと詳しく

元素分析装置

元素分析は、分光分析法のICP-AES、質量分析法のICP-MSによる元素分析を行います。
試料や濃度、元素などにより最適な分析方法で、無機元素の定性・定量分析を実施いたします。
生体試料中の無機元素の測定や医薬品や食品の原材料中の不純物分析など幅広いご対応が可能です。
もっと詳しく

化合物構造分析装置

化合物構造解析では、フーリエ変換赤外分光光度計(FTIR)を使用します。
フーリエ変換赤外分光光度計(FTIR)は、化合物の同定に幅広く用いられ、構造解析や異物・付着物の分析などのご対応が可能です。
もっと詳しく

バイオ関連機器

バイオ関連機器は、マイクロプレートリーダーを使用します。
マイクロプレートリーダーは、医薬品・食品などライフサイエンス分野で幅広く用いられる測定機器で多数のサンプルを短時間で光学的性質を測定することが可能です。
酵素活性測定や免疫学的測定のEIA・ELISAにご対応し、代謝酵素、消化酵素の活性測定、阻害活性の測定、特定のタンパク質の測定を行います。
もっと詳しく

お問合わせ

PAGE TOP